はじめに

晴れて2021年8月よりコロナ禍ではありますが、千葉県柏市の豊四季駅徒歩1分の立地に大人専門の格闘技ジム・アカラジム柏をオープンしました。

あっという間に・・・立ち上げから2ヶ月が経とうとしています。早いなぁ、本当に早い。毎日立ち上げに必死になっていると時間が一瞬で過ぎていくなぁと。幸い、会員さんも順調に入会していただき、嬉しい限りです。

今日は立ち上がって少し時間も経ってきたので、立ち上げの背景を少しまとめたいと思います。よかったらコーヒーでも飲みながら気軽に読んで下さい。

僕と格闘技

僕は18歳から格闘技を始め、今も選手として活動をしています。元々高校までは野球を8年間やっていました。父親がプロ野球の球団職員だったこともあり、その影響を受けたのがきっかけです。

そんな野球少年がなぜ格闘技!?とツッコミたくなると思います。

僕が小中学生の頃は、格闘技が全盛期の時代でした。テレビのゴールデンタイムではK-1やPRIDEがやっていて高い視聴率を維持しており、魔裟斗や山本kidをはじめとする看板選手が多数メディアに取り上げられていました。

野球をやっていながらも、小さい頃から格闘技が大好きだった僕は「かっこいい!いつかやってみたい!自分も強くなりたい!」そう目をキラキラさせていたことを鮮明に覚えています。

高校を卒業し大学生になる時、僕は固く心に決めていました。「絶対に格闘技をやる!」と。

子どもの頃から格闘技をやっている人も多い中、18歳から始めるのは少し遅いようにも感じましたが「やりたいと思った時が始め時」そう心に決め、様々な格闘技を調べ始めました。

大学に入学し、色々な格闘技ジムや道場を見学して回った結果、僕の格闘技人生はテコンドーから始まりました。

最初はテコンドーをやる気は一切なく、「テコンドー?あー韓国?何か足技すごいやつ?」くらいの知識しかなく、選択肢にはありませんでした。

しかしたまたま大学でテコンドーを習うことができ見学に行った際、僕は一瞬で心を奪われました。「なんだ・・・このかっこいい格闘技は・・・!」と。美しく、しなやかで華麗な動きを見た時、僕は自分もこうなりたいと強く思いました。

そこからはテコンドー漬けの毎日でした。朝昼晩、常にテコンドーのことを考え、夢中になっていました。夢に出てくるほど考えていました。でもこれがやらされているのではなく、自らやりたくてやっていました。好きで好きでたまらなかったんです。

好きなことをやっている時って、プロセスも楽しくて辛いことを辛いって感じないんですよね。不思議と。

画像3

格闘技を通じて得てきたこと

そこから僕は色々な格闘技を経験しました。テコンドー、キックボクシング、ムエタイ、ブラジリアン柔術。どの競技もとても魅力的で、僕の人生を充実させる大切な存在として今も僕と共にあります。

格闘技を通じて僕に沢山のことを得てきていますが、その中でも特に自分の人生を大きく支えてくれているのは「好きこそものの上手なれ」という考え方です。

僕は小さい頃から、自信がないくせに目立ちたがり屋でした。何か人より秀でたものが欲しい、自分にはこれだという特技を手に入れ自信を持ちたい。そう思っていましたが、現実はそんなに甘くはありません。

僕が何も手にすることなく、人生は20年近く流れていました。自信がない幼少期、学生時代を過ごしていたのでしょうね。常にコンプレックスを感じ、輝いている人を見るのが苦しくてたまらなかった。

常に自分が人より上手にできるか?人より才能があるか?人よりセンスがあるか?いつもそういう基準で物事を選択しがちでしたが、それが間違いだということを格闘技を通じて学びました。

僕は格闘技をやるプロセスが大好きで、やっているだけで幸せなんです。本当に楽しくて楽しくてたまらない。理由を説明しろと言われてもよく分かりません。とにかく”好き”なんです。

僕は学生時代、テコンドーの全国3位になりました。そしてつい先日30歳でブラジリアン柔術全日本マスターのチャンピオンになりました。

すごく不思議ですよね。実は何かを欲しいと自分に足りないものを望んで行動するより、好きなことに本気で一生懸命になること方が結果的に本当に得たかったものを得られるんだなと。

よく言われます。「30歳超えて何を目指してるの?」って。でも僕も分かりません。楽しいから毎日やっているし、おそらくおじいちゃんになっても格闘家を続けるだろうなと(笑)

でもこれってすごく大事なことなんじゃないかな。だって世の中には好きじゃないことに理由を無理やり見出して、自分を納得させてやっている人ばかりいるんだから。

生活のため、家族のため、生きていくため。もちろん良い悪いじゃないし、生きる理由は人それぞれだけど、どうせ生きるなら人生一回だし楽しく生きたい!ハッピーだと思える瞬間を沢山過ごしたい!死ぬ時に最高の人生だったって死にたい!

そのためにはこの好きっていう感情がすごく大切なんじゃないかなと。理由なんていらない、やっているとつい時間が経ってしまい夢中になってしまう。そんなものに出会えたら、きっと人生が大きく変わっていくんだろうなぁと。

画像4

格闘技ジムを立ち上げた理由

少し逆説的かもしれませんが、僕は格闘技にこだわっているわけではありません。例えば格闘技を広めたい、テコンドーを広めたい。そう活動されている立派な方も沢山いると思いますが、僕はちょっと違います。

僕がこの大人専門格闘技ジム『アカラジム柏』で最も伝えていきたいのは”好き”という感情の大切さです。

好きには色々な感情が詰まっています。
・夢中になって時間があっという間に過ぎていた
・やっているだけでハッピーな気分になれる
・過程で心の底から腹を抱えて笑ったり、喜べる
・好きだからこそうまくいかない時や結果が出ない時にはらわたが煮え繰り返る
・他の人から見たら苦しそうなことも本人にとっては楽しく感じる

日常の中に心の底から”好き”と感じられる瞬間はどのくらいありますか?恐らく、振り返ってみると少ないのではないでしょうか。

だからこそ、アカラジム柏では沢山の好きという感情を味わってもらいたいんです。だってこの感情が大きく育てば育つほど、好きじゃないことや楽しくないことをやっている時の違和感に気付けるじゃないですか。

だからアカラジム柏では格闘技のレッスンも今後更に充実させていきますが、格闘技以外の様々なイベントやワークショップをリアル・オンライン問わず開催していきます。格闘技のジムだけど、格闘技にこだわり過ぎない場所にします。

コロナが落ち着いたら、新年会・忘年会・クリスマス会・ハロウィン・スポーツ大会などなど…季節のイベントも沢山やっていきたい。だって楽しいじゃないですか?大切な仲間と過ごす時間って。

そして好きで楽しいと思える時間が増えれば増えるほど、無理して我慢して過ごしている時間が浮き彫りになる。だからこそ人はその好きでもないし、楽しくもない時間をどう変えていこうかと考え出すのではないでしょうか。

そんなプロセスを経ているうち、アカラジム柏に辿り着いた人が身体が健康的になり格闘技のスキルが身につくだけでなく、今までよりも良い自分や人生になっていたと思える人が増えるのでしょう。

そんな『”好きや楽しさ”が溢れる格闘技ジムにしていきたい』それが今後の大きなアカラジム柏のビジョンです。きっとアカラジムが千葉県柏市という少し田舎にある、一風変わった格闘技ジムとして有名になる未来を確信しています。

画像1

最後に

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。まだまだ立ち上げ段階で、決まっていないことも多く、抽象的な表現も多くなってしまいましたが、僕のビジョンややりたいことはご理解いただけたのではないでしょうか。

アカラジム柏は2021年8月に立ち上がったばかりですが、会員さんと楽しく日々活動しています。ぜひ興味のある方は遊びに来てくださいね。まずは一緒に気持ちの良い汗を流しましょう!そして一緒に楽しいコミュニティを作っていきましょう。

——————————
●大人専門格闘技ジム アカラジム柏
〒277-0845
千葉県柏市豊四季1009-3クレメントガーデン1F
東武アーバンパークライン 豊四季駅南口 徒歩1分
※10月末まで入会金50%オフキャンペーン実施中🌈

●レッスン日程
毎週火曜日 20:00-21:00
毎週木曜日 19:30-21:30
毎週土曜日 17:00-19:00
毎週日曜日 11:00-13:00
※東武アーバンパークライン「豊四季駅」徒歩1分

▼体験申し込みはこちらから▼

アカラジム柏 公式LINEアカウント

画像3

1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。